Epicurean

SIGN IN Page TOP
※こちらのサンプルは、サービスの一例であり商品によっては、終了している場合も御座います。
ヒマラヤに降り立とう

6000mまでひとっ飛び!
ヒマラヤに降り立とう

実際のヒマラヤは
山じゃなく壁だった

命知らずな冒険野郎ならまだしも、登山が未経験なのにヒマラヤに登ってみようなんて思うアホは、ほぼいません。でも、本当に行けるとしたら? 雪と氷の世界に凍えることなく、ものの60分でたどり着けるとしたら? 嘘じゃないんです、わりとイージーにアクセスできるんです。ヘリコプターを使えばね。と、タネ明かししたところで、まだ気分的には遠い話でしょうから、ヒマラヤについてちょっと解説。ヒマラヤは山ではありません、山脈です。ブータン、中国、インド、ネパール、パキスタンの5つの国にまたがる地球で最も標高の高い地域を指します。8000m級の山の頂が14もある白い巨壁の連なりは全長約2400km。当然、エベレストも含まれますが、どれがどの山なのかは、遊覧飛行機の窓から解説を聞きながら見ないとわかりません。ネパールのカトマンズ・トリブバン空港で離発着するこの遊覧飛行は、エベレストマウンテンフライトと呼ばれる人気のツアーで、気軽に楽しめるネパール観光のテッパンです。

SAMPLE TOP

すぐそこに山がある!
からの〜夢の実現へ!

ヒマラヤの遊覧飛行はセスナだけではなく、ヘリコプターのツアーもいろいろあるようですが、低空飛行で村々の上空を飛び、山並みを間近に眺めて帰るルートが一般的。基本は着陸なしです。が、実際にこのツアーに参加してみると、思わぬ感情が湧いてきます。チラリと窓越しに見るだけでも、触れたら指が切れそうなほど鋭く尖った尾根や頂に立つって、どんなだろう? 宇宙に一番近い場所の空気は、光は、どんな感じなんだろう……と。すると、あれこれ妄想を巡らしていたところへ思わぬ噂が飛び込んできました! ヒマラヤのとある山の頂にタッチダウン可能な特別な方法があるという情報です。早速、真偽を確かめるためにガイドさんに調べてもらったところ、噂は……本当でした!

SAMPLE TOP

エベレストを一望する
絶景の頂に着陸!

カトマンズ・トリブバン空港からヘリコプターで60分、途中、ルクラのテンジン・ヒラリー空港で乗り継ぎ、ヒマラヤを眼下に収めながらの遊覧飛行を楽しみつつ、目指すは標高約5500mの名峰カラパタール。ここは、かのエベレストがすぐそばで最もよく見えるといわれている絶景ポイント。普通、ルクラから約2週間かけてトレッキングしないと来られない場所。そこに、一瞬で、しかも、デニムパンツにスニーカー、上着だけ一見アウトドア風という軽装でもOK!というから驚きです。ただし、着陸地は酸素が非常に薄く、高山病になってしまうので、滞在時間はマックス5分が限界。それでも十分、一生の自慢です! 目に焼きつくような強烈な太陽光線も、肺の奥まですうっと届くクリアで冷え切った空気も、体感したことがあるのは世界のほんのひと握りの人たちだけなのですから。お値段は約60万円ですが、3人乗りのヘリコプターなので、人数を揃えて割ればひとり約20万円。ちょっと高いかもしれませんが、あのヒマラヤにラクに登れちゃうわけですから。簡単に写メできちゃうんですから。どうです? アリでしょ!

SAMPLE TOP
プログラムNo.:0000000012
プログラム名:ネパール・カトマンズ発ヒマラヤ着陸ヘリコプターツアー
ツアー料金:592,000円(税込)
※ここでの注文の時点では料金は発生しません
※ヘリコプターチャーター費用(カトマンズ・トリブバン空港発着)、日本語ガイド費用含む
  • SAMPLE TOP