教養という知的冒険

信楽の「保庭楽入」直伝で体得

本当の茶を知る2日間

ストーリー

#01

時の指導者を魅了した
茶道の本質に触れる旅

過去2回、ウェブにアップするやいなや、完売。それでも「やってみたい!」「他の日程はないの?」と、ご要望を多数いただくのがこのプログラム。交渉の末、なんとか第3回目を実現することができました! 華道、書道、香道に武道と、日本の伝統文化は様々。なかでも戦国時代に道を極めた茶道は、近代以降も政財界の要人や日本を代表する当代の経営者まで、数百年にわたって、時のリーダーたちを魅了し続けています。茶道を嗜む数寄者たちが愛して止まない茶の湯の世界とは? その真髄を探るべく、信楽焼の匠が、本格的な茶事体験を企画してくださいます。舞台は信楽。“茶陶”という茶道具をつくる窯元のなかでも、素晴らしい茶室を持っている陶芸家が、皆さんをお招きします。そこで体験できるのは、茶道を習っている人でもなかなか経験できない本格的な茶事です。さらに次の日には、陶芸家自らの手ほどきで自分のための茶碗を作陶。まさに茶の道をあらゆる視点から体験できる、特別な2日間です!

#02

茶事とは、究極の
コミュニケーション

これまで、お茶と和菓子を振る舞う、いわゆる「茶会」は経験した方も多いかもしれません。茶道でいえば、あくまで茶会は略式のスタイルで、本来の“茶事”とは4時間を超えるもの。亭主が招いた少人数の客が、一服の茶を楽しむクライマックスのために、もてなし、もてなされる時間なのです。今回の茶事体験の案内人は、焼物の地・信楽で数少ない“茶陶”をつくる窯元・保庭楽入さん。なんとその作品は日本有数のコレクターだけではなく、あのスティーブ・ジョブズ夫妻も購入したとか。今回の茶事は、保庭さんが開いた茶室「壺中庵」で行われます。ちなみに、茶事ができる設えを持っている信楽の窯元はほんのわずかなのだそう。そんな本格的な場ではありますが、初心者でもご安心を。「お茶の本質は人をもてなすということ。茶事はコミュニケーションの場です。数寄者といわれた歴史的な起業家が、相手の想いを汲み、どういう想いで茶事に臨んでいたか。参加した方がそれぞれに感じていただければと思います」と保庭さんもおっしゃっています。

#03

茶事と作陶の合間に
大津の美味も堪能

旅の1日目は、信楽の「壺中庵」で本格的な茶事を体験していただきます。設えにどんな意味があるのか、供される料理や茶にどう振るまい、それらにどんな想いが込められているのかを、窯元も客のひとりとして参加し、解説してくださいます。「茶事をやってみると、その所作や設えが、ある意味とても理にかなっていることがわかるはずです」とおっしゃる通り、究極のおもてなしが実は合理的というのを体感できます。2日目は保庭さんの工房で、窯元直々に教えてくださるという贅沢な作陶体験を。そうそう。1日目の夜はドキュメンタリー番組でクローズアップされた精肉店「サカエヤ」の肉を堪能できる、隠れ家レストランの席を確保。宿泊は各自で手配いただきますが、おすすめは「宿場町HOTEL講 大津百町」。大津に残る古い町家を見事にリノベーション。すべての部屋に北欧の名作チェアが設えられ、快適な滞在を堪能できます。客室もバリエーション豊かで選ぶのに迷います(笑)。さて、2日目に茶碗をつくるのには理由があります。器が出来上がる12月には信楽を再訪し、自分がつくった器で月明りのもと夜の茶事を体験する旅も予定しています。季節の移ろいを感じながら、自作の器で茶を味わう。きっと忘れられない体験になるはずです。

PRODUCT

信楽「保庭楽入 壺中庵」本格茶事と作陶体験・第3回(2021年9月)

69,000(税・送料込)
商品内容
価格:¥69,000(税込)
   茶事代・作陶代・7日の夕食、8日の昼食、大津駅から信楽までの2日間の往復費を含みます。
   大津駅までの交通費と宿泊代、8日の朝食は含まれません。
   宿場町HOTEL講 大津百町http://hotel-koo.comに宿泊ご希望の際は連絡先をご案内いたしますので、お知らせください。

他では手に入れられない、
会員のためだけに仕立てられたプログラムをご提供します。

入会方法はふたつ。トライアル会員か、スタンダード会員かをお選びください。
※コア会員は招待制となっております。入会にはコア会員からの招待コードが必要です。